平成24年7月29日

 この博物館に2つある石炭窯の内大きいほうの窯です。外回りの大きさは12,4m×6.6m、高さは6m程度、焚き口は両サイド併せて12箇所、国内でもかなり大きな窯と云ってよさそうです。焼きあげるのに12日かかっています。昭和32年に築かれました。火鉢が年産10万個時代の窯です。湯呑、茶碗を焼くためのものではありません。
 窯壁、天井に煤が見られますが、火鉢生産が縮小された後、乾燥室として使用されていたためその時の炙り焚きで着いたものだそうです。焼き上がった窯には本来は煤は付着していません。
 窯床には沢山の穴が開いています。この穴に両側から焚いた炎が対流するようにして吸い込まれていきます。2m程下に煙道があって煙突に通じています。
 うまく焼くことが出来るというよほどの自信がないとこうした大きな窯は築けないのではないでしょうか。志田には大きな瓶も焼けていましたので、大窯焼成の技術があったことは確かです。
 しかしです、それにしても大きいですね。熱は窯床の穴に均一に吸い込まれる必要があります。言い方を変えると、床下の構造が窯の性能を決定する一つの条件ともなります。窯床の面積が大きいほど均一に引かせるための工夫が必要となるはずです。
 私は、焼ムラの多い窯だったように思えてなりません。歩留まりはどれくらいだったのでしょうか。聞き取り調査によりますとあまり「調子」がよくなかったとのことです。
 現在のガス窯と比べると感慨深いものがあります。
a0229647_12101294.jpg

春と秋の まつり には喫茶店、音楽演奏会場となります。
文責 志田焼の里博物館 青木
[PR]
by shidayaki | 2012-07-29 12:10


<< 平成24年8月6日 平成24年7月28日 >>